CHỮNÔMまたは元ベトナム文字とベトナム文学への過去の貢献–セクション4

ヒット数:298

グエン・フック・カム

…セクション3に続く:

ノンにおけるベトナム文学の歴史**

    また、XNUMX世紀末からXNUMX世紀半ばまで、ベトナム文学の表現と伝達に効果的な役割を果たしてきました。

    XNUMX世紀近くをカバーしたノン語のベトナム文学の歴史は、次の主要な時期に分けられます。

1) Tr最初にnHO 期間(XNUMX世紀とXNUMX世紀). 
2) Lê-M先生c 期間(XNUMX世紀とXNUMX世紀). 
3) Lêtrung hưng または南北闘争期間(XNUMX世紀とXNUMX世紀). 
4) グイën 期間(XNUMX世紀とXNUMX世紀の前半).

1)Trần-Hồ期間

 による カーム-đうんちnh Vits thông-giámCUOng-mc 欽定越史通綱綱目、詩でシュノムを使用した最初の作家は グイënトゥイエン 阮詮 or ハーン・トゥイエン 韓詮 そして他の人たちは彼の模範に従っていたと言われました。 そのような グイënSĩCおお 阮士固チュアン 朱安。 後者と グイënトゥイエン それぞれの作者であると報告された Quおおc ng この¬p 國語詩集 (チュアン、作成者)および ピピサット¬p 披沙集.

   残念ながら、これらの両方のコレクション ノーム 詩は失われました。 による BùiHuyBích 裴輝閣 (1744-1818), TrêCóc インポート𤥫 またはの詩の物語 ナマズとヒキガエル また、 Tr最初にn、しかしこの風刺的な寓話の正確な日付 lc-bát メートルは、これまで決定的に決定されていません。33 加えて、 トリン・ス 貞鼠または高潔なネズミの物語の詩、詩の物語 VUOng TUOng 王嬙傳、および関連する他のXNUMXつの著作 の物語 グイën Biëu 阮表傳 の終わりから付けられたと推定された Tr最初にn。 しかし、彼らの本当の日付についてはこれまで多くの論争がありました。33

    の書き込みについて ノームH¬u Tr最初にnHO  また、1387年に王の治世の下に Tr最初に鈍い ンギn 、王の父 Tr最初にn Ngh トン 陳藝宗、に同意した HO キリー 胡季釐 その後 LêQuíLy 梨季読取、銘が刻まれた剣 Vănvũtoàntàiquânthầnđồngđức 梨季読取 (学者と戦士の両方、高潔な王に仕える高潔な主題)34, キリー 彼は彼に彼の感謝を示すために自国語の詩を構成しました。 その後、1437年に王として タイTO 王朝は、ノンによって書かれた布告と詩のサンプルを読みたかった HO キリー, グイënトラン、これらの書物の数十を集めて彼に提示することに成功したと報告されました。35

2) Lê-Mạc 期間

    どちらも同じ グイënトラン いくつかの文書を残したとも言われました ノーム、 といった Uc trai thi t¬p、に向けられた民俗の即興詩 Thうんち Lああ、後に彼の側室になった睡眠マットの女の子の売り手36 と教訓的な詩 ノーム, ジアフーAn ca または家族の指示。 いわゆる即興詩 Thうんち Lああ 疑わしい本物です。 に関して ジアフーAn ca、この796行の詩は、後にXNUMX人または数人の連続した作者によって作曲された可能性があります。 による唯一の書き込み グイënトラン 現在利用できるのは、各国語の詩集(Quおおcâmthi t¬p )の第XNUMX章を形成します Uc trai di t¬p.

    の始まりが 王朝 他に重要なマークはありませんでした ノーム によるこの詩のコレクションよりも文学作品 グイënトラン そして、2 Th ngôn by LêLげっぷi 最近明らかにされた ホアン・スアン・ハン、王の治世 レ・タン・トン (1460-1497)ベトナム語の文学の異常な繁栄を自国語で目撃しました。

   神様です。 レ・タン・トン 詩を作曲する珍しい学部に才能があり、非常に好きでした ベル・レターズ、として知られている文学サークルを設立 Hああ私はタオÐン メンバーとして、28名の裁判所職員が Nhうんち th¬pbáttú または28星座と自分自身を会長、副会長として タンニャントゥルン ÐO ヌー¬n. この中で Hああ私はタオÐン, 彼自身と彼の廷臣は後で収集された詩をノンで交換し、ベトナムの詩のコレクションを形成しました HOngÐUc すなわちの統治 レ・タン・トン.38

    これに加えて HOngÐUc quおおcâmthi t¬p、言及されているのは、次のような文章である。 HOngChâuquおおc ng この¬p、によって LUOng Nh Hああc, キムランクー by ÐO C¬n . 次の世紀には、 M先生c、ベトナム文学 ノーム によって有名な詩のコレクションではるかに独創性を示した グイën Bnhキーム (1492-1587) として知られている B先生chvânthi t¬p、B先生ヴァン (白い雲)はこの詩人の文学的名称です。 の下での非執筆の中で M先生c、私たちも言及する必要があります Ð先生ÐOngフォンc彼女nhphú, タムグンđああngphúTうんちch cư 第九ë by グイënハン; SU Bc quおおc ng この¬p, SU trìnhKhúc, TU th私はクック, Tiëđああcl先生cphú by HoàngSĩKh彼女i そして最後に、 Ngư phインキュベーション nh¬pÐàonguyêntruyn , by PhùngKhcコーアン.39

3) Lêtrunghưng

    または北南闘争期間の死から レ・タン・トン 1497において、 Ð先生i Vit あるいは当時のベトナムは社会問題と政治的不安の永続的な状態に悩まされ続け、 M先生cÐăngDung (1527)。 の短命の王朝の後 M先生c、1627年に戦争が勃発し、 Trうんちnh 北と グイën 南部では、どちらも 。 それは使用することに同意して1672年にのみ終わりました の川 たLiNH (リンザン)1775つのテリトリー間の境界線として。 しかし、XNUMX年に、 タイSơn、南部での反乱、 Trうんちnh 攻撃して取りました プースアン, の首都 グイën 南部で。

    しかし、 Trうんちnh グイën によって最終的に倒された タイSơn そのリーダーの一人 グイën胡 1787年末までに天皇を宣言した。天皇の歴史的な勝利にもかかわらず クアンチュン 1789年の中国人とその驚くべき業績の多くについて、 TâySơn 政権は短命で、1802年に終焉を迎えました。 グイënÁnh 天皇を宣言した ジアロング グイën 皇帝を占領した後 C彼女nh Thうんちnh TâySơn と彼の兄弟。

    XNUMX世紀とXNUMX世紀をカバーするこの長い期間の社会的および政治的背景は、ベトナム文学の発展に大きな影響を与えました。 ノーム。 作家のほとんどは、当時の出来事に主に関与した軍事指導者または裁判所の役人でした。 それらはすべて漢字で書いた。 しかし、彼らはまた彼らの個人的な政治的信念を伝統的な学界をはるかに超えて広めることを可能にし、同時に国内での影響範囲を拡大することを可能にするノンで書くことを選んだ。 のような中国人は文学ジャンルを借りました ThAtngônthi またはXNUMXビートメーターの詩、 プー または検察、 キン・グア または中国の古典の説明、 ヴァンサッチ または、引き続き好評であった論文、lụcbátまたはXNUMXメートルの長いナラティブ、 ソングthATLcbát または7世紀の終わりに向かって出現した7-6-8-XNUMXメートルは、ベトナムの作家の新しい創造的な精神を実現しました。 以下は、当時北ベトナム、南ベトナム、そして TâySơn.

  1. a)ベトナム北部のTr Northnhのもとでの主な著作として、 Giai c彼女nh hUngtìnhphú, ガンバ先生cphú by グイënバラン, チンphngâm に翻訳 ノーム by Ðoànthうんち Ðiëm, クン・オン・ンガムクック by グイën Gia Thiëu, ホアティエントルーn by グイënホイTああ, Tああ tìnhVãn またはXNUMXつの短い詩 グイën番目うんち NgOcビン, 主の側室 Trうんちnh Doanh, LýTriëÐ タムホアンタイ¬UCO lc番目最初にntíchquおおc ng diën ca by TrUOng NgOcトロン、 主の時の名誉の女中 Trうんちnh CUOng, Ngああ đë ThiênhoàdoanhBáchvうんちnh thi t¬p by Trうんちnhカン, KiënNguyênthi t¬p 主による Trうんちnh Doanh、Tâmthanh tONDyt¬p 主による TrうんちnhSâm。40)
  2. b)ベトナム南部の主な著作の中で グイën、言及する必要があります HuêtìnhTruyn by プリンス Ðán (1699-1753)の次男 神様です。 HiënTônNguyën PhUOcチュ、 先生 ロングcUOngvãn Tư ダンバン by ÐàoDuy TU, サンバイ, による風刺 グイën Cư トリン, ソングティンBATD先生 Truyn by グイën Hうう。

4)主な著作 TâySơn

    以前に公開されたなどの理由に加えて、 ノン文学 XNUMX世紀の終わりには、 ch ノーム タイSơn 特に天皇の短い治世の下で クアンチュン。 以下は、作者がこの体制を支持または反対した、著述の一部です。 ホアイナムクック by ホアンクアン, TngTâyhO フー by グイënホイLUOng, アイトư ヴァン プリンセス NgOちゃん、の妻 グイën胡, D アムガム¬p D 午前¬p by ファン・ホイ・エッチ、また去った ノーム 書かれた中国語の翻訳 チンph ンガム by ÐAng Tr最初にnコーン, ンゴン An thi t¬p Cungoánthi by グイën Hu Chnh, 誰が鈍いNTngTâyhO フー そしてノムの物語 Sơ キンタントラン by Ph先生mタイ.41 これらに加えて ノーム XNUMX世紀とXNUMX世紀の著作については、 ティエンナムミンジャム、教授によると7-7-6-8メートルで匿名の長い歴史的な詩。 Ph先生mヴァンディジュ 1623年から1657年の間に構成された可能性があります42 と ティエンナムン lc、1787年から1800年の間に書かれたかもしれない別の匿名の歴史的な詩 グイënVănTおお またはに従って1682と1709の間 ホアン・スアン・ハン.43

    ベトナム文学 in ノーム Nguyễnの下(1802-1862)。 約XNUMX年をカバーするこの期間は、ベトナム文学の黄金時代と正に見なされています ノーム. この素晴らしい繁栄 ノーム 文学作品は結局のところ、 グイën 皇帝を除いて ジアロング Tああ ÐUc どちらも作曲された詩 ノーム 主のように Trうんちnh 彼らに書くように彼らの主題を勧めなかった ノーム。 それは、ある程度、XNUMX世紀の北欧文学の遺産であり、ある種の派生物でもありました。 別の点では、それは読者が ノーム 特に ノーム 詩の物語はベトナムでますます増加しているに違いありません。 いずれにせよ、実際のところ、ほとんどの非古典文学の傑作は、 グイën 王朝。 スペースが足りないので、XNUMX世紀までに作成されたnmmの豊富な文章の完全なリストを提供するふりをせずに、いくつかの本のタイトルと著者の名前についてのみ言及します。 まず第一に、私たちの国の詩のために名誉の場所を確保する必要があります キムヴァンキëu 有名な詩人による3254lụcbátの詩 グイën Du (1765-1820)、そのうちのいくつかは外国語に翻訳されています。 次に、ノンプロサと詩の両方のような文章が来る XuânHUOティグ¬p 詩人 HO XuânHUOng (XNUMX世紀初頭), Nhうんち th¬ptU hi鈍いあなたはënâm, Ph チャムティnlãm, SU trìnhtinlãmKhúc by LývănPhUc (1785-1840), マイ・エン・mああngKý by グイënホイHO (1783-1841), キム・ト先生chKỳDuyên by BùiHうん (1807-1872), LcvânTiên, DUOng TU ハム¬u, Ngư Tië紫外線Anđápy thu¬t by グイënÐìnhChiëu (1822-1888) タンチ鈍い Th¬pđiëあなたはën ca, タンチ鈍い Lu¬しないthghnghĩacaThánhch鈍い tああ hOc gi彼女I ngh caa ca by Tああ ÐUc (1829-1883)、政治に影響を受けた詩 トンThO TUOng ファンヴァンTrうんち , チンキーカー by グイënvănGiai , Ð先生私はナムクおおcs diën Ca by LêNgôCát Ph先生mÐìnhToái , H先生nh Thc Ca by グイën NhUOc Thうんち (1830-1909)、詩と呼ばれる歌 ハットノイ by グイënCôngTrU (1778-1858), カオバク (?-1854)と グイënQuíTân (1811-1858)、さまざまな詩 グイënクイ鈍いn (1835-1909), Tr最初にN T鈍い XUOng (1870-1907)、等。

    最後に、特にそのような匿名の物語について言及する必要があります ない としての詩 Nhうんち đああ マイ, Tおおngtrân, Th先生ch Sanh, N ツタイ, PhUOホア, LýCông, HoàngTrUu, ビッチカウ, ファンTr最初にn, QuanÂmThうんち キン, ホアチーëu tranhnăng、 など…その他 ノーム 物語と ノーム 1862年以降でさえ、少なくともXNUMX代まで、そして公式に Quおおc Ng スクリプト。44 すべて ノーム 上記の文学作品は、ローマ字化された台本に完全にまたは部分的に転記されています。 ただし、他の多くの驚異的なケースではそうではありません ノーム 現在、ベトナム語と一部の外国の図書館にテキストが保存されています。45 彼らは常に転写を待っています Quおおc Ng 専門家が作成します。 別の点では、 ノーム すでに文字起こしされているテキストには、文字起こしのエラーがないわけではありません。 これらの状況下では、テキストによる批判は不可欠であり、両方で利用可能なすべてのバージョンの照合を通してのみ可能です。 ノーム とで Quおおc Ng。 によって正しく観察されるように DUOng Qu彼女ngHàm ベトナム文学の真の歴史は、ノン語のこれらすべての文書がQuốcNgữで解読および転記された場合にのみ実際に実行できます。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」46 しかし、すべて ノーム 特に転写が必要なテキスト Quおおc Ng 文学だけに限定されず、多くの重要な ノーム ベトナムの歴史とベトナムの民間伝承に関する文書。 実際、 Ch ノーム ベトナムの作家だけでなく、他の人々にも使用されました for XNUMX世紀以降の様々な目的。 たとえば、ここに手紙があります ノーム 1670年に主に向けられた グイën PhUOcトラン という日本人 かどや 七兵衛 ベトナム人の名でも知られています チャチャン (お父さん チャン):(:)。

    以下はその転写です Quおおc NgÔngmuôntuO私。 コムああテムトイ とどまる đAt安南Angđãlàmtôiông、mUng lm。 D最初にumuônlë th私は¬ylòng (または トロン) ơn。 ÔngmuôntuOi」[英語の翻訳:万年の人生をお祈りします。 私の弟のXNUMX人[すなわち 七郎次郎 ]住んでいる人 アンナム あなたの主題の一つになりました。 とても嬉しく思います。 どんな状況でも彼にあなたの慈悲をお勧めします。 万年の人生をお過ごしください。47

    常にXNUMX世紀については、いくつかの原稿を ない イタリアのカトリック神父J.マイオリカ(1591-1651)教授が発見 ホアン・スアン・ハン パリのフランス国立図書館(BibliothèqueNationale)で。 これらの原稿のタイトルは次のように彼によって転記されました。 1) ティエンチュアタンジャオHおおそれああキン。 2) ティエンチュアタンジャオカイモン 3) ÐUcチュアチトゥ。 4) TruyUcチュアチット。 5) Thiên-ChúaThánh-MAu。 6) カクタントルーn. 7)Vita sanctorum(タイトルなし ない)。 8) ÔngThánhI-na-xu。 9) ÔngThánhPhan-chi-côXa-vi-êtruyn. 10) ンガムlë trongmùaPhc-sinhđ鈍いnthángb彼女y。 11) Nhng goëungámtrongcáclë trONG。 12) キンnhng lë mùaPhc sinh。48 ご覧のとおり、 Ch ノーム 過去のベトナム文学に多大な貢献をしてきましたが、これは過去のベトナム文学の学生だけでなく、ベトナムの歴史やベトナム文化の研究にとっても欠くことのできない研究ツールであり続けるでしょう。

SEE MORE:
◊  CHỮNÔMまたは元ベトナム文字とベトナム文学への過去の貢献–セクション2.
◊  CHỮNÔMまたは元ベトナム文字とベトナム文学への過去の貢献–セクション1.
◊  CHỮNÔMまたは元ベトナム文字とベトナム文学への過去の貢献–セクション3.

注意事項
29  の構造の詳細については Ch ない、 見る : 聞弛:論字鵺之組織及其與漢字關涉 (14、1933年。201-242ページ。), 燕京學報最初に 14 、1933、tr.201-242 – 山本達郎: 聞穏やか氏, 論字鵺之組織 1949 東洋學報最初に12 巻き第 2 、1935 陳荆和: 文字字之形態および其產生年代 [HìnhtháivàniênđạixuấthiệncủachữNôm], 人文科學論叢, 第一帖、台北、1949 。 BửuCầm、 DẫnNhậpNghiênCứuChữNôm (サイゴン大学文学部の学生のための教材)。 また見なさい:  聞穏やか濤田健次文字字研究一聲母 (1) 文字字研究一聲母 (2)、1973、12 言語學論叢捲 (72、12)(東教大言語學研究會)、(1)、(2)、1973、12(72、12)()。 
30  DươngQuảngHàm、 LeChữnômouécritudedémotique など…pp。283-284a。 
31 エドゥアールディゲ、デララングアナミテパルレエエクリテ」、Revue Indochinoise、Aout、1905、226-32。 
32  BửuCầm、Ưu-điểmvàKhuyết-điểmcủaChữNôm"(チュノンの長所と短所)ViệtNamKhảoCổtậpsan、Saigon 1960、no 1、pp。50-64。 Maurice Durand、Comptes rendus、BEFEO、tome L、fasc、No 2、1962、561ページ。 
33  HoàngXuânHãn、NghiêmToản、 ティヴァンベトナム (TừđờiTrầnđếncuốiđờiMạc)、CáclớpTrungHọc。 LoạiSáchHọcSôngNhị、Hà-Nội1951. pp。19-45。 HoàngXuânHãn、「NguyễnBiểu、mộtgươngnghĩaliệtvàmấybàithàcuốiđờiTrần」、カイ・トリ・ティエン・クック・サン、2.3、ハノイ1941。ラン・ホー、「VănphớmvớiThờiÐạicủaVănphẩm。 TruyệnTrêCócvàTruyệnTrinh-Thử」、ヴァンホアグエンサン、サイゴンタップXII、クイン11(11-1963)、1690〜1700ページ。 Lãng-Hồ、VănphẩmvớiThờiÐạicủaVănphẩm、TruyệnVươngTường」、VănHóaNguyệtSan、SaigonTậpXII、Quyển12(12-1963)、1893〜1898ページ。 Lãng-Hồ、ヴァンフェムヴィティティチャヴァンフェム、ヌンバイトゥヴァンチャグエンビシュ、チャヴアトランチャンクアンヴァチャムヴヴシュチャユンキュー」、VănHóaNguyệtSan、SaigonTậpXIII、Quyển1(1-1964)、63-70ページ。 
34  Cf. Shu-King、 書均泰誓中、6:「 有有兆兆夷民離心離德予有款臣十人同心同德垢有周親不如仁人”:Kinh-Thư、ThẩmQuỳnh教授によるベトナム語翻訳、サイゴン1968、206ページ。 
35  DươngQuảngHàm、 ヴィットナムヴァンホックソウ、ページ107。 
36  Cf. NguyễnKhắc-Kham、ベトナムの名前とその特徴」、地域と文化研究、No 23東京外国語大学1973年、205ページ、脚注番号23。 
37  HoàngXuânHãn、NghiêmToản、op。 49-69ページを引用。 TrầnVănGiáp、PhạmTrọngÐiềm:NguyễnTrãi、 QuốcÂmThiTập (ハノイ、1956)、Văn-ÐànTạpchí、SốệcbiệtvềNguyễnTrãi、BộIV、số10(3/1-9/1, 1963)。 Nguy TrnTrãiと彼の作品についてのシンポジウム。参加者として、PhạmÐìnhTân、ThaiBằng、VũHạnh、PhạmÐìnhKhiêm、NguyễnKhắc-Kham、NguyễnTrọngHuy、NguyễnTrãiの16世代の子孫。 
38 DươngQuảngHàm、op。 pp。98、99、280を引用。NguyễnÐìnhHoà書評: はじめにベトナム語 Maurice M. DurandおよびNguyễnTrầnHuân著、Journal of American Oriental Society。 巻。 92、第2号、1972年364月〜368月、pp。XNUMX-XNUMX。 
39  HoàngXuânHãn、NghiêmToảnop。 引用した。 pp.101-121。 
40 DươngQuảngHàmop。 引用、302〜306ページ。 NguyễnVănTố、「ポエジーイネディテスデレポックデリー”、Bulletin de laSociétéd'Enseignement Mutuel du Tonkin、Tome XIV、no 1、Janvier-Mars 1934、pp。30-36、Tome XIV、no 2、Avril-Juin 1934、pp。182-190、Tome XIV、 3番、ジュレット-1934月。 460年、463-XNUMXページ。 
41  Sơn-Tùng、HoàngThúcTrâm、 QuốcvănÐờiTâySơn、SáchHiểuBiết、VĩnhBảoSaigon、1950年、123ページ。 
42  PhạmVănDiêu、「ティエンナムミンジャーム」、ヴァン・ホア・グエット・サン、サイゴン・ロージ・ムイ・トプXII、クイン1、77 1年1963月49日、68〜XNUMX年、XNUMX〜XNUMXページ。 
43  PhạmVănDiêu、「ティエンナムングラック」、VNVHNSLoạimớitậpXII、Quyn 3、số79、thang 3、1963、pp。351-368、Quyển4số80、thang 4、1963、pp。535-550、số81、thang 5、1963 pp。 689-698、số82、thang 6、1963、pp。835-847。 
44  Hạo-Nhiên、NghiêmToản、 ベトナムナムヴァンホックソートリチュイチュ、II、VĩnhBảo、サイゴン、1949年7〜70ページ。 タンラン、 KhảiThảoVăn-HọcSửViệtNam、VănchữngChữNôm(TựacủaGiáoSưNguyễnÐăngThục)、サイゴン1953年、47-212ページ、PhạmThếNgũ、 ヴィットナムヴァンHọcSửGiảnướcTânBiên、Vol。 2、 QuốcHọcTùng ư、サイゴン1963。 
NBHồXuânHươngとBàHuyệnThanh Quanの本名については、それぞれ呼ばれていると推定される HO thうんち 5月 グイën番目うんち ヒン、ベトナム語のはじめにàlalittérature(コレクションユネスコ、オリエンタルG.メゾンヌーヴエラローゼパリ、1969年)Maurice M. DurandおよびNguyễnTrầnHuân、pp。181、189。 
45  パリ国立図書館でのノンテキスト集については、アレクサンダー・バートン・ウッドサイド、 ベトナムと中国モデル, XNUMX世紀前半のベトナム政府と中国政府の比較研究、ハーバード大学出版局、ケンブリッジ、マサチューセッツ、1971年、323ページ。パリでは、ビブリオテークナショナルでの魅力的なnomテキスト集の不可解な富は、どの学者にとっても挑戦です。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」 
46  DươngQuảngHàm、 Lechữnômou Ecritureデモティック など…285ページ。 
47 川島元次郎: 川島元次郎朱印[船]貿易史 [LịchsửmậudịchthuyềnChâuẤn], 大正十年九月十日大正十年九月十五日發行內外出版人會社、ページ469。 
48  ホアン・スアン・ハン、ジロラモ・マイオリカなど…op。 pp。208-213を引用。

ソーステキスト: 地域文化研究24、東京外国語大学1974年。NguyễnQuangTrungおよびLêVănÐặngによる電子版、2001年XNUMX月。 (TạpchíHánNôm、Số4(77)2006; Tr.3-21)

注意事項:
**セクションのタイトル、太字のテキスト、注目のセピア画像は、BanTuThưによって設定されました– thanhdiavietnamhoc.com
◊出典:Institute ofSino-Nomstudies。

BAN TUTHƯ
03 / 2020

(訪問280回、3訪問今日)
en English
X